JPCAニュース・声明・お知らせ

+++++++++++++++++++++<■JPCAからの緊急アピール++++++++++++++++++++++++++++++++
本の権利は、出版社が守らなければならない!          

2009年4月4日

Googleは一体、何をしているのでしょうか。
 図書館の蔵書から無断でスキャニングし続けているのです。
 何の権利が、侵害されているのでしょうか。
 スキャニングされた出版物の権利が侵害されているのです。
 出版物の権利は誰が持っているのでしょうか。
 出版物の権利は、製造者である出版者(社)がもっているはずのものです。
 
 

多くの海外の国では、著作者の権利とともに、伝達者の権利としてパブリッシャーズライツ(出版者の権利)を出版社に認めています。 
Google「和解」案に参加するにしても、あるいは拒否するにしても、当事者として行動できる出版社の権限が法的に保証されています。 
Googleの行為が、明らかな脱法行為であると訴える権利も、著者と同様に、当該の出版社が当然有しているのです。 
この件でドイツとフランスで訴訟が起こっていると聞きますが、それも、きわめて、自然な対応です。 
 しかし、現状の日本の著作権法には、著作と出版物は別のものなのに、出版社に関して伝達者としての権利の規定がありません。 
出版社の権利が明らかでないのです。そのため、通常の出版契約では、第三者による出版物の利用については、対応できません。 
出版界の主導的な人たちはこの状態を長らく放置してきました。放置すべきしかるべき理由があったのかもしれません。 
 2つのことが必要です。

 

 一つ目は、出版社の権利(パブリッシャーズライツ)を早急に確立することです。  そのためには、著作権法の改正が必要です。  

 二つ目は、個々の出版契約によって、本の権利を守っていくことです。  JPCAは、2004年に、出版契約書を作成しました。これは、単に本を出版するという契約ではありません。様々な、第三者による著作権使用についても規定しています。法的確立がない現状では、個別の出版契約で、権利を保全していく以外に出版物の権利は守れないのです。今から始めても決して遅くはありません。   

そして、全出版界の声として、出版社の権利(パブリッシャーズライツ)の法的保証を実現していきましょう。 
              

JPCA(有限責任中間法人 日本出版著作権協会)

+++++++++++++++++++++<■20090327-ニュース++++++++++++++++++++++++++++++++
Google和解001(和解代理人への照会文書)          

              2009年3月27日

和解管理人 御中

 当会(有限責任中間法人 日本出版著作権協会 略称:JPCA)は、2003年、著作権等管理事業法に基づき設立されました。会員社は40数社、現在2万点以上の 書籍の著作権の管理の委託を受託している、文化庁許諾の著作権等管理事業者です。

 この度のグーグル和解について、ホームページ 和解検索の登録書籍に、当会が管理する著作物が多数アップされているとの権利者である会員社よりの報告が ありました。

 
該当書籍については、当会が対応いたします。
 
以下の項目について、迅速な回答を求めます。

1 グーグル和解に関係する文書を当会に送付すること(原本と日本語版)

2 和解管理代理人で日本語発行書籍の責任者、および、今後、当会と交渉できる担当者名

3 関係文書について、当会に説明できる担当者がいるのであれば、担当者名
+++++++++++++++++++++<■20090325-ニュース++++++++++++++++++++++++++++++++

新聞等の報道で、「Google和解」については、御承知のことと思います。
 
しかしながら、JPCAの調査によれば、報道やGoogleの告知は裏腹に、重大な事実が判明しつつあります。
 
これまでの会員社出版物の検索の結果、ほぼ、2008年、2009年の新刊がすでにGoogleに登録されています。(調査続行中です)

 
1 至急、Google和解のホームページにアクセスし、自社の実態の把握を行って下さい。
  
http://www.googlebooksettlement.com
   
アカウントを作成し、出版者名、isbnコード(4+製造者番号)で、検索すれば、自社の出版物の登録状況が把握できます。
  
 2 これは、当会からのお願いです。
   会員社の出版物の登録状況を当会は進めています。
   
そのために、
  
 1 製造社番号(複数持っている場合は両方お願いします)
  
 2 おおよその刊行点数
  
 3 Googleの出版社パートナーズプログラムへ参加しているかどうか
 
以上を、当会事務局に返信下されば、全体の登録情報を把握できますので、よろしくお願いします。

TOPページへ